暖かいお湯の日記

枷が解かれている

コント「釣り名人」

A「あー全然釣れないなぁ…隣はあんなに釣れてんのに」

B「フィーーッシュ!!」

A「あー、ぼくも釣りたいなぁ」

B「フィーーッシュ!!」
B「フィーーッシュ!!」

A「すげぇな・・」

B「フィーーッシュ!!」

A「すいません、何が釣れてるんですか?」

B「あっ、これです。」

A「フィレオフィッシュじゃん!!」

B「ええ、そうです。なので嬉しくてフィーーッシュって叫んじゃいました。」

A「そっちのフイッシュだったのかよ!」

B「私は釣り名人なんでね、なんでも釣れるんですよ。」
フィレオフィッシュだってこの通り。」

A「いや、でも海水でベチョベチョじゃないですか!」

B「まぁ、もともと魚なんだし良いんですよ。」

A「良くはないと思いますけどねぇ…」

B「ところで、どうしたんですかあなた?」

A「あっいえ、めちゃくちゃ釣れてそうだったのでなんかコツでもと、思ってたんですけど…」

B「ははぁ、なるほど。なるほど。
ふむ、ところで、あなたお腹空いてないですか?」

A「あぁ、ちょっと空いてますけど」

B「・・・ライーーース!!」

A「えっ!?!?ライス!?」

B「どうぞ、これを。」

A「なんですか、これは?」

B「焼肉ライスバーガーです。」

A「モス!!モスのやつ!!
というか、いらないですよ、こんなベチョベチョのハンバーガー。」

B「・・・ワッパーーー!!」

A「ワッパー!?まさか・・・」

B「どうぞ、これを。」

A「これは、まさか…」

B「ワッパーです。」

A「キング!!バーガーキングのやつ!!
これも要らないですよ!!
というか、なんでハンバーガーが釣れるんですか、意味がわからない。」

B「わかりました。では、ハンバーガー以外のものを釣ってあなたにご馳走しましょう。」

A「はぁ。」

B「・・・絶品チーズバーガー!!」

A「ハンバーガーを釣るなーーー!!!
遂にバーガーって言っちゃってるじゃないですか!」

B「言ってないバーガー」

A「おい!語尾までバーガーになってるぞ!
なんだよ、この人、怖い。」

B「まぁ、御託はこの辺にして、あなた、私の釣りの妙技、教わりたくないですか?」

A「えぇーー、いや、確かに海からハンバーガーを釣るのはすごい技術かもしれないけど…
僕は魚を釣りたいんですよ。魚を!」

B「釣れますよ。魚。」

A「えっ!そうなんですか!!??」

B「だってよく考えてみてくださいよ。
海中から魚を釣るのとハンバーガーを釣るの。
どっちが難しいと思います?」

A「んーよく考えると、なぜハンバーガーが形を維持したまま海中にあるのかが分からないけど、まぁハンバーガーの方が難しいのかな?」

B「でしょう?魚なんて楽勝ですよ。
何釣ってほしいですか。」

A「じゃぁ、タイを釣ってみてください!」

B「釣れました。」

A「はやーーー!!!」

うわっマジでタイじゃん。。すげぇ。。」

B「釣れました。」

A「ええ!!なんですか、今度は!?ん?ちっちゃいな?
・・・グッピーじゃん!グッピーって釣りで捕まえられんの?」

B「私の妙技の成すところですよ。」

A「すごいすごい!!その妙技おしえてください!!!!!」

B「じゃあまずは・・おっと、電話だ。すいませんね」

A「あっいえ、おかまいなく」

B「もしもし、スーサン?また釣り行きたいって??ハッハッハ任せてくださいよ。」

A「えっスーさん!?この人もしかして??」

B「ハイハイ、りょーかいりょーかい!じゃあまったね~(ッピ)」

A「すいません、あなたもしかして釣りバカ日誌の・・」

B「釣り吉三平です」

A「違ったーーー!!」

 

 

 

スポンサーリンク