暖かいお湯の日記

枷が解かれている

飴をあげるあげるあげる

2017年9月13日
起床時刻:8時40分(睡眠5時間)
ご飯:
朝 おにぎり
昼 シャケ弁
夕 おにぎり
I want :
・テスト観点だし終わって実際のテストケースに着手すること

一言:
現実逃避がてら、社内で近くを通る人呼び止めて飴をあげている。私の後ろの席がキャンディストリートと呼ばれる日も近い。

そのような奇行をしなければならないくらい、色々なものが迫ってきていてやばい。
締切までにいつまでに何をすべきで何が終わってないといけないかというのが把握しきれてない。
目まぐるしく変わる状況に、あっぷあっぷで落ち着いて考える暇がない。
こういった時にこそ、マインドフルネス瞑想をするべきなのか。心を落ち着けて冷静になることが必要だ。飴を配って「喉を大切にしてくださいね…」と言っている場合ではない。
まずは、出来ることから着実に取り組んでコツコツ崩していきます。私は努力の仕方が、目標設定型ではなく、積み上げタイプのコツコツ派ということがわかったのでね。
出荷にピンを留めてやることやって行きます。

振り返り:
上手いこと時間使えなかったー。
ただ、今日はあまり眠くなることがなくて、
やるべき事が明確になっていると眠たくならないと気がついた。
明日もいい感じに集中していけると良い。

1日で使用したお金:
2000 米買った
勉強:
できんかも。。

今日の感想
大阪のオバチャンを見習って、飴ニュケーションを確立したい。

 

 

スポンサーリンク