暖かいお湯の日記

枷が解かれている

一個目の山場超えたぞ〜!

2017年9月15日
起床時刻:8時30分(睡眠5時間)

ご飯:
朝 おにぎり 魚肉ソーセージ
昼 うどん
日高屋でパーティ予定(1人)

I want :

・レビューを滞りなく

 

一言:

うどんが好きです。よくある質問で「一生何か一つしか食べられないとしたら何食べる?」と言われたら「寿司」と答えるくらいにはうどんが好きです。

 

なので、職場近くにある丸亀製麺によく行きます。大体いつも頼むのはかけうどん(並)か、釜揚げうどん(並)。それ+かしわ天とか。仕事がひと段落着いたのが嬉しくて、ストライドが5mのスキップをしつつ丸亀製麺に近づき、窓をぶち破って入店したところ、なんとメニューに、牛すきかけうどんというものが!「最高+最高=ファイナルファンタスティックナショナルボンバーかよ!!!」って絶叫しながら入店したら、そこでまさかの光景が!

 

驚くことに今まさに野菜のかき揚げが揚がるところではありませんか!

「ハイパービューティフルマインドフルネスファイヤーじゃん!!!」と言いながら後ろにのけぞったら全身骨折してしまって、そのまま泡吹いてぶっ倒れちゃったんです。

 

それで、気が付いたら目の前に牛すきかけうどんと野菜のかき揚げ(揚げたて)が!

さっきの衝撃で全ての歯が抜け落ちてたんですけど、こう言ったあと、食しました。

母さん、俺を生んでくれてありがとう。今、この場所で、牛すきかけうどんと、野菜のかき揚げを食べさせてくれてありがとう。

砂漠の水、世紀末の暴力、火山のクーラー、絶対に欲しいものがそこにある。

それが目の前にある感激!歓喜歓喜歓喜

ありがとうございまーーーーす!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二口で飽きた。

いや、かき揚げがキツいわ。うん。

二口で良い。いいか?かき揚げは二口でいい。なんでお前はそんなにデカイんだ?どうした?図体ばっかし大きくなっても何もいいことは無い。ありのままの自分を見つめろ。

そして、お前はただ二口。その二口にお前の全かき揚げ生、全精力を注げ。衣に身を包む時は体を清めろ、灼熱の油をステージにして最高のダンスを見せろ。輝き。一瞬だけど、閃光のようにお前の気持ちを見せてみろ。

よし分かった!お前の熱い気持ち、俺がしかと受け取った!絶対に無駄になんかしない。

俺はお前とともにあるし、お前は俺とともにある。二人で一つ。どちらが欠けても俺じゃないしお前じゃない。あとは俺に任せろ!!!

感謝を!!!込めて!!!いただきます!!!!!(泣)

 

 

 

 

こうあってほしいわけ。

いかんせん、やつはデカすぎる。飽和だよ、飽和。

かき揚げ飽和工場。全コンベア絶賛稼働中だよバカ野郎。別に普通に食うけど「いや〜もうキツイでごわすなぁ、むにゃむにゃ」って気付いたら寝てたし、寝言で言っちゃってたもん。

だから、かき揚げはもうこりごりです。

この先1ヶ月は食わなくていいや。

うん。

 

 

 

でも、牛すきかけうどんは超美味かった。。。

また食べたい。。


振り返り:

今日の一言がテンション高いように、仕事の山場を1個超えたんですよ!

やったー!今週のノルマはクリアー!

今はひたすら喜ばせてくれ!

バンザーい!


1日で使用したお金:

1500

 

勉強:

プログラミングします。


今日の感想

良き日。