暖かいお湯の日記

枷が解かれている

いったん、次の充電期間へ

転職が決まったことに関して昨日書きました。
その時に書き忘れてしまっていたのですが、今後私が従事するのはインフラエンジニアとなります。
まだ、ネットワーク系を見るのか、サーバー系を見るのか決まってはいませんが、インフラを見ることになるのは間違いありません。

インフラエンジニアというと、24時間稼働、土日出勤、花形じゃない、緊急時のみ借り出された挙句、
上手くいかないとめっちゃワーワー言われる、しくった際の責任感がえげつない、など。

まぁ、悪い評判はたくさん聞くんですよね。
ただ、あえてそこに行こうと思っていて。
というのも、何にとっても根幹部分の知識ですし、それがないとITって動かないんですよね。
サーバーはクラウド系が台頭してきているものの、この先もまだまだ無くなりはしないと思ってるし、
求人を見ても需要は確実にある仕事だと思ってます。

アプリケーショエンジニアと諦めたわけではないのですが、
インフラエンジニアの方がもしかしたら向いてるかもしれないと思っていて。
なにはともあれ、やってみないとわかんないんですよね。。何事も。

だからこそ、そこで抜きんでなければいけない。
でも、なにを勉強すればよいかが皆目見当つかない。
あしたまた、面談があるので、今どんな案件があって、どのようなエンジニアが重宝されているのかという点を聞いてきます。
もう、年齢的にも再スタートギリギリだと思ってるので、最短距離を走れるように準備しておきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク