暖かいお湯の日記

枷が解かれている

上司に退職を相談したら一蹴された

転職するぞ!!よしっ!!

と思っていたのですが、めっちゃ出鼻をくじかれてます。
本当にこれでいいんだろうか…って思ってしまった。

というのも、今日上司に「会社辞めたいです」と相談してきたんですね。
まぁ、面談を即ぶっ込まれまして、1時間くらいか、そのくらい話しました。
今がその時期じゃないってことはめっちゃ言われましたね。確かにそれは、考えはしました。
1年半程度で何がわかるんだ、と。この1年半で社内での基礎知識はついたから、ここからの1年半は様々なことに挑戦できるチャンスなんじゃないか、と。

正直、言って、分からん!!!
だって、なんも保証がないんだから!!
それは、社内に残るのでも、転職するのでも一緒。

もしかしたら部署替えしたら上手くいくのかもしれない。上司を変えてみたらうまくいくかも?

転職先では、今よりもっとつまらない業務しかやらせてもらえないかも?給料だって低いんだから。

そのへんが、「やってみないと分からない状態」なのに、今転職するのは本当にプラスの転職なのか?ってことを詳しく聞かれました。
確かにそれはそうで、社内で部署変えの方が社内のことを知っているわけだから、こちらの要望は通りやすそう。上司との相性とかも気にしてくれるかもしれない。やる業務もやりたいことやらせてくれるかも。

でも、なんだろうな。
多分、自分はこの会社に合ってないんじゃないかって思って。
勢い勇んで入ってきたけど、どうやらなんか違うかもしれない。その違和感の正体がうまく言葉に言い表せなくてモヤモヤするけど、多分その影響が強い気がする。

ただ、(何回も、いや、しかし、が続いてしまうけれど)、転職先も自分に合うかは分からなくて。

とまぁ、こんな感じです。
転職なんていう人生の岐路に立つような選択をしているからか、思い切りがなかなか出来んですね。

でも、多分、みんなそうなんじゃないかと思ってます。もう本当に何が起こるか分からない世の中になってきてるから、自分の信じた道を突き進むしかないんじゃないかなぁ。

難しいですね。

 

 

スポンサーリンク