暖かいお湯の日記

枷が解かれている

最終出社日1日前

あーーー!!

ついに最終出社日まで一日になっちゃったよ!

本当に会社辞めるんだなー!そうかー、そうなんだよなー

 

ここに来て急に寂しくなってきました。

思い起こせば、、、

連泊した思い出、始発で家に帰ってシャワーだけ浴びてまた出社した思い出、肩パンされた思い出・・・

 

あれ?ろくな思い出がない・・・?

 

でも、ろくな思い出がないくせにこの段階で寂しがれるということは、普段の生活が楽しかった面が多かったからだろうな。

実際、人は優しい人ばっかしだったし。

自分で言うのもなんだけど、とても可愛がってもらえてたから素直に寂しいですねー

私はそういう人の感情の機微に敏感なもので、人の顔色伺いがちな自分にとって非常に辛いです。

 

でも、地球は丸いし!

同じ土を踏んでいるんだから、別に寂しがることなんてないですよ。

 

明日はお世話になった人に挨拶に行って、引き継ぎして、会社を出て、、

 

 

やばいぞ、泣いちゃうかもしれない。

人との別れの場面は当事者になるとだめだ。

泣いちゃうかも。ちょけないと泣くな、多分。

最後だし笑って終われるように、精一杯ふざけてこよっと。